石平 なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか

石平が日本に取り込まれててワロタ

略歴

  • 1962年 中華人民共和国で生まれた
  • 1980年 北京大学哲学部入学
  • 2007年 日本に帰化
  • 2011年 日本人女性と結婚

人物像

  • 文化大革命および天安門事件における中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感から「この国にはもはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国との精神的決別に至った
  • 民主党政権が推進する日本における外国人参政権付与政策に反対

著作

  • 『なぜ中国人は日本人を憎むのか』
  • 『中国大虐殺史――なぜ中国人は人殺しが好きなのか』
  • 『中国人に負けない7つの方法』
  • 『中国人の嘘にだまされない7つの方法』
  • 『「歪んだ経済」で読み解く中国の謎 習近平と中国は何を狙っている?』
  • 『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』

(ソース ttp://ja.wikipedia.orgr/wiki/石平_(評論家) )

 

なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか

  • 中国経済転落の道連れにされた韓国の二の舞になるな
  • 2014年の中国は 「反日」一色の恐ろしい年になった
  • 日本が中国大陸に深入りしたとき、あるいは中国の王朝に接近して深いつながりをもったとき、日本国内は往々にして動乱の時代に突入してしまう。逆に、中国大陸から遠ざかって緊密な関係をもたないとき、あるいは中国の王朝との交渉を中断した時期、日本の国内はむしろ安定していて長期的な繁栄を享受できた。

平安時代 : 894年に遣唐使派遣が正式に廃止されると、以後200年間、日本は中国大陸とはほとんど没交渉の時代となった。「平穏の時代」が続いた幸せの歳月。、『古今和歌集』や『源氏物語』の誕生に象徴されるような国風文化の開花が見られた。

平家政権 : 平安時代の「平安」を破った「保元・平治の乱」で平清盛が内乱の平定に活躍した。平清盛が平安朝を乗っ取ったかたちで自前の武家政権をつくった。中国・南宋との日宋貿易を盛んにした。一代の繁栄で滅びることとなった。

鎌倉幕府 : 中国大陸と関係の薄い政権であった。140年以上の長期政権を維持することができた。

フビライの元寇 : 幕府が無理をして祖国防衛の大戦争を遂行したことは結局、幕府体制の弱体化をもたらして、やがて鎌倉幕府の崩壊につながった。鎌倉幕府の崩壊を招いたのはやはり、大陸のほうからやって来た「祟り神」なのである。

室町幕府 : 史上2番目の正式な武家政権だが、室町時代における天下泰平の時期はもっとも短く、むしろ動乱の時期が長かった。「南北朝争乱」の時代、「応仁の乱」から「戦国時代」へと突入。室町幕府の治世というのは結局、戦国時代の「準備期間」にすぎなかった。足利義満は、中国との「勘合貿易」を確立した。足利義満は、明王朝の冊封体制に入り、明の皇帝の臣下としての「日本国王」の立場に甘んじた。武士としての誇りも日本の政治リーダーとしての主権意識も捨てて、金儲けのために中国に平身低頭して接近した。

豊臣秀吉 : 中国大陸に攻め込んで明王朝を倒して、自ら中国の寧波に移り住んで中国と日本の両方に号令するという途方もない野望に燃えた。朝鮮半島経由の大陸征服戦争の失敗によって、その後の豊臣政権は一気に衰退の道をたどる

徳川幕府 : 「鎖国政策」。中国と国交を結んだことは一度もない。江戸時代の260年間こそ、まさに「平和と安定」の名にふさわしい天下泰平の時代。

太平洋戦争 : 「満洲事変」を引き起こして中国大陸に本格進出。太平洋戦争の敗戦による外国軍の本土占領という、日本史上最悪の結末を迎えた。

戦後 : 昭和20年の終戦から昭和47年の日中国交回復までの27年間、日本は再び中国大陸と隔離された関係となった。しかしこの期間中、日本は驚異的な高度成長を成し遂げて戦後の繁栄と発展を築き上げることができた。

  • 先人の成功と失敗の両方を学び、その知恵と教訓からわれわれの引き出す唯一の正しい答えは要するに、できるだけ、中国と距離をおいて日本独自の道を歩もう、との一言に尽きる。
  • 中国という国と感情的・心理的距離をできるだけ置くことによってこそ、われわれはかの国のなかで行なわれている一方的な反日キャンペーンを遠くから冷めた目で眺めるような余裕ができ、それに対する過剰な反応を避けることもできる。
  • 彼らがヒステリーな反日に走っていても、われわれは彼らと同じレベルで感情的反応を起こさずにつねに冷静な態度で日中問題を処理すれば、それが逆に日中関係の安定化にも繋がる。
  • 単独で見れば中国という国のサイズはとてつもなく大きく見えるのだが、インド、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ロシア、オーストラリアと他の潜在的あるいは顕在的友好国がある。
  • 中国と距離を置くことによって日本経済は、中国経済転落の道連れにされた韓国の二の舞にならずに済む。
  • とにかく、心理的な面においても、国際政治と経済の両面において、中国と距離を置いてより広い視野での国際戦略を展開していくことこそ、われわれの歩むべき正しい道であり、日本の未来にとっての保障となろう。それはすなわち、かつては中国人だった筆者が、この2015年の冒頭に、日本と日本人に呈したいささやかな助言なのである。

(ソース ttp://shuchi.php.co.jp/article/2165 2015年01月16日)

つまり、石平は中国共産党への絶望感から祖国に離反し、日本人になって日本に助言してる、と。中国との距離で日本の歴史を振り返ってる考察が素晴らしい。

posted at 2015年01月24日 23:39 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Baidu IME 無断で入力情報のほぼ全てを外部に送信

中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信

  • 百度が提供する日本語の入力ソフト「Baidu IME」が、パソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信していたことが分かりました。(NHKのニュース)
  • このソフトは、初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示していますが、セキュリティー会社のネットエージェントなどが分析したところ、実際には国内にある百度のサーバーに情報を送信していることが分かりました。送っている内容は、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報と、パソコン固有のID、メールや文書作成ソフトなど利用しているソフトの名前です。
  • また、百度がスマートフォン向けに提供している「Simeji(シメジ)」という人気の日本語入力ソフトも、情報の送信を行っていることが確認されました。
  • これについて百度の日本法人は、情報を送信し、一定期間保存していることを認めたうえで、「ネットを使って変換の候補を表示したり、変換の精度を向上させるために利用している。説明が不十分な点は、利用者が安心できるよう分かりやすく改善していきたい」と話しています。

(ソース ttp://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/176411.html 中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信 2013年12月26日)

posted at 2015年01月16日 13:29 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクドナルドの異物混入祭り

マクドナルドのチキンナゲットにビニール状の異物混入 2015年1月

  • 日本マクドナルドによりますと3日、青森県三沢市の店舗で「チキンマックナゲット」を購入した客から「中にビニール状のものが入っている」と連絡があり、店で調べたところ、商品の1つに異物が混入していた状態が確認された。
  • 日本マクドナルドは去年、中国・上海の食品加工会社が使用期限切れの食材を加工し、出荷していたとされる問題が明らかになって以降、チキンナゲットはすべてタイにある3つの工場で加工していて、国内の店舗では冷凍された状態のものを油で揚げて提供している。
    (ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150105/k10014449931000.html マクドナルドのチキンナゲットに異物混入 1月5日 18時12分)
  • 先月31日に東京・江東区の店舗でもチキンナゲットを購入した客から商品にビニール状の異物が入っていたという申し出があり、会社で関連を調べている。
    (ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150106/k10014462301000.html チキンナゲット異物混入 東京でも報告 1月6日 0時08分)

マクドナルドのポテトに「ヒトの歯」が混入か 2014年8月

  • 購入した客によりますと、大阪府河内長野市にあるマクドナルドの店舗で去年8月26日にビッグマックセットを購入、マックフライポテトを食べたところ「ヒトの歯」と思われる異物を確認した。
  • 客のブログのキャッシュ ttp://www.peeep.us/84d10a65 「とにかく、検査結果を待ちますが、二度と利用することはないでしょう。」と怒りの記事。

(ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2r388159.html  マクドナルド、ポテトに「ヒトの歯」混入か 1月6日23:35)

マクドナルドのホットケーキに金具が混入 2014年9月

  • 2014年9月、京都府の店でも、ホットケーキにアクセサリーの金具が入っていたことがわかった。
  • 京都府の女性によると、2014年9月27日、宮津市の176宮津店で購入したホットケーキに異物が入っていた。日本マクドナルドが調べた結果、ネックレス、またはブレスレットの留め金だと考えられるという。
  • 購入者は「1cm前後くらいのもの。不信感しかない。怖いし、たぶん、もう二度と行かない」と話した。

(ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00283927.html マクドナルド異物混入 京都の店舗でホットケーキに金具が混入 01/07 12:38)

マクドナルドのエッグマフィンにプラスチックが混入 2014年11月

  • マクドナルドの商品に異物が混入していたとされる指摘が相次いでいる件で、沖縄県でも異物が確認されていることが分かりました。
  • 発表によると2014年11月上旬ころ、沖縄県中頭郡北谷町桑江にあるマクドナルド58号桑江店で、家族連れが注文したエッグマフィンの中に、プラスチックが混入していたのが見つかったということです。
  • なお、混入していたのは白っぽいプラスチックだったということですが、この混入事案についての詳細は不明

(ttp://breaking-news.jp/2015/01/07/015866 エッグマフィンにプラスチックが混入-マクドナルド 沖縄北谷町桑江 2015/1/7 14:00)

マクドナルドのサンデーチョコレートにプラスチック片が混入 2014年12月

  • 日本マクドナルドが店舗で販売した商品に異物が混入していた問題で、福島県郡山市内の店舗でも、先月、商品にプラスチック片が混入し、5歳の女の子が口の中を切るケガをしていたことが分かった。
  • プラスチック片が混入していたのは、「マクドナルド4号線郡山安積店」で販売された「サンデーチョコレート」。

(ttp://news24.jp/articles/2015/01/07/06266704.html マクドナルド別商品で、プラスチック片混入 2015年1月7日 11:54)

ナゲットにビニールが入ってたり、ポテトに人の歯が入ってたり、ホットケーキに金具が入ってたり、エッグマフィンにプラスチックが入ってたり、サンデーチョコレートにプラスチック片が入ってたり、マクドナルドの異物騒ぎが収まらない。

posted at 2015年01月07日 01:16 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする