常時HTTPS化の利点

Wikipediaの常時HTTPS化によって政府による検閲が減少

  • HTTPSではどのページにアクセスしたかが外部から観測できないから。
  • 中国やパキスタン、イランなどが特定記事へのアクセスのみをブロックする検閲を行っていた。
  • 常時HTTPS化によって中国語版Wikipediaはサイト全体へのアクセスがブロックされた。

(ttps://yro.srad.jp/story/17/05/31/0624221/ Wikipediaの常時HTTPS化によって政府による検閲が減少 | スラド YRO 2017年06月01日)

httpとhttpsの違いをほとんど知らない。そのような中でhttpsが検閲させにくくするというのは有用な情報だ。他に知っていることといえば、httpsのサイトからhttpのサイトをクリックした時にリファラが飛ばないようにRFC 2616で定められて、それでもリファラが飛ぶようにできるメタタグが新たにできたということくらい。

常時HTTPS化は中国やパキスタン、イランで大きく関係する話で、日本には関係ない話かもしれない。しかし、日本においても監視社会化が懸念されており、HTTPS化は歓迎すべきことだと考える。

posted at 2017年06月01日 23:03 | Comment(0) | IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。