【国会の参考人質疑】共謀罪は戦後最悪の治安立法だ、憲法違反で無効だ

赤旗のまとめ1

  • 立命館大教授の松宮孝明「戦後最悪の治安立法だ
  • 松宮孝明「治安維持法よりたちが悪い。全刑法犯の80%を超える犯罪を対象とし、誰でも対象にできる」
  • 松宮孝明「法案に明確な対象範囲が書かれていない。『自由を保障する』といくら答弁しても、法律は言葉が命だ。乱用の懸念がある」
  • 青山学院大学名誉教授の新倉修「重大な疑義が残っている。欠陥法、憲法違反の法律であり無効だ

(ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-02/2017060201_04_1.html 「共謀罪」戦後最悪の治安立法/すぐさま盗聴対象に 参考人が懸念強調/参院法務委 2017年6月2日)

 

赤旗のまとめ2

  • 松宮孝明「法案には、TOC条約にある『金銭的利益その他の物質的利益を直接又は間接に得るため』という目的要件が欠落していいる」
  • 松宮孝明「法案の文言では、計画した人物が組織に属する者であることを要しません。組織的犯罪の計画をつくり組織に提案する人も対象となるからです
  • 松宮孝明「実質的な内心処罰になる。近代法の求める法の支配ではなく、運用者による人の支配だ」
  • 松宮孝明「凶器準備集合罪では、法務大臣と刑事局長は当時、暴力団等にしか適用しないという答弁をしていました。しかし、答弁や付帯決議は裁判所を拘束せず、暴力団以外の学生団体にも適用されました。法律に(制約を)明記しなければ乱用の危険があります」
  • 松宮孝明「条約と国内法整備との関係については、日本政府は国内法制を整備せずに条約を締結するということを過去、多々やってきました。本当に何が必要かは、実際にTOC条約を締結し、運用してみて具体的に検討するべきです」

(ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-02/2017060203_01_1.html 「共謀罪」法案 参考人質疑での陳述要旨 参院法務委 2017年6月2日)

 

(参考人質疑の国会動画 ttps://youtu.be/aPzTbEj9KsE 2017年6月1日 法務委員会)

 

共謀罪が憲法のどれに違反するか

13条「幸福追求の権利は、最大の尊重を必要とする」、19条「思想及び良心の自由は侵してはならない」、21条「集会、結社その他一切の表現の自由は保障する」、31条「法律の手続きによらなければ刑罰を科せられない」に違反する。

(ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017042302000125.html 東京新聞:「内心」「表現」の自由 侵害 「共謀罪」違憲性の指摘:政治(TOKYO Web) 2017年4月23日)

 

法務省の林真琴刑事局長「組織的犯罪集団の構成員でない者も計画の主体になりうる」

松宮孝明教授は、法案では「(条文の)文言では『計画』した人物が組織に属することを要しない」と指摘。

参考人質疑を受けて行われた同日の一般質疑で、民進党の小川敏夫議員は、この点に関連し、「2人で(犯罪を)計画した者とは、団体(組織的犯罪集団)の構成員に限定されるのか」とただしました。

法務省の林真琴刑事局長は、「組織的犯罪集団の構成員である者はもちろん、構成員でない者も計画の主体になりうる」と述べ、松宮教授の指摘を認めたのです。

(ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-05/2017060501_04_1.html 「共謀罪」 参院委審議始まったが…/危険・破たん いっそう明るみに 2017年6月5日)

posted at 2017年06月03日 05:31 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。