安倍晋三事務所、ヤクザを騙して自宅に火炎瓶が投げ込まれる

ヤクザに怪文書をバラまかせる

例えば、2000年6月と8月、安倍さんの後援会事務所や自宅敷地内の倉庫兼車庫に火炎瓶が投げ込まれるという事件があった。

当時、内閣官房副長官に抜てきされ若手としてメキメキ頭角をあらわしていた安倍さんは、「北朝鮮の陰謀だ」なんて周囲に言っていたという。

ところが3年後、パクられたのは工作員ではなく、北九州を本拠地に置く工藤会の組員たちだった。しかも、彼らがゲロッた「動機」がマズかった。

安倍事務所の秘書から、下関市市長選に出馬した古賀敬章氏について、「在日朝鮮人」とか「北朝鮮の金正日の手先」などという誹謗中傷した怪文書をバラまくという仕事を請け負った彼らは、それをきっちりやり遂げた。

業界で言うところの「裏選対」というやつだが、この報酬が待てど暮らせど安倍事務所から支払われない。ヤクザをダマすとはいい度胸しているじゃないかということで犯行に走った、というのだ。

(ttp://bizmakoto.jp/makoto/articles/1306/11/news030.html 窪田順生の時事日想:安倍首相が「左翼の人達」に演説妨害されたワケ (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン 2013年06月11日)

2013年の記事。ネット対策が万全なJ-NSCがフェイクニュースを放置しておくはずがない。したがって、この記事は事実だろうと想定できる。

「北朝鮮の陰謀だ」とデマで誹謗中傷するのはヘイトスピーチではないだろうか? 今も昔も首相の捏造体質が変わっていないことは日本の安全保障上の深刻な脅威である。

 

安倍事務所は300万円の報酬を払おうとしたが、ヤクザは500万円を要求した

99年の下関市長選の際、安倍氏が推した候補を支援した土地ブローカーに対し、当時の安倍氏秘書が300万円を工面したが、ブローカーはさらに安倍氏本人に金を要求。安倍氏が応じなかったため、暴力団と共謀して報復したと述べた。

(ttps://matome.naver.jp/odai/2137095449002118801 安倍総理の事務所がヤクザに対立候補の中傷を依頼!?安倍氏宅火炎瓶事件まとめ - NAVER まとめ 2013年06月12日)

ITmediaの記事に対する追加情報を見つけたので追記。ここで面白いことは、このNAVER まとめには、報酬の支払いが絵画の買い取り名下に行われたと書いてあることである。絵画を300万円で買おうとする安倍事務所に対して、ヤクザは500万円を要求した。怪文書をバラまく仕事のバーターで絵画の売買をしており、裏取引が表に出ないうまい方法だと感心した。

さらに面白いことは、朝日新聞が安倍晋三に忖度して、下関市市長選に出馬した敵対候補について「在日朝鮮人」とか「北朝鮮の金正日の手先」などという誹謗中傷した怪文書をバラまくという仕事を請け負わせたことを隠し、「下関市長選で安倍氏が支持した候補者を支援した見返り」とだけしか書いていないことである。あの朝日新聞が真実を隠してこの忖度である。

posted at 2017年06月09日 07:35 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。