【若狭勝議員が激怒】中村刑事部長(当時)が逮捕状を止めることは通常絶対にあり得ない

山口敬之のレイプ疑惑の逮捕状を止めた中村刑事部長(当時)に対して激怒

  • 私は、逮捕状とその執行実務に精通している。その私の目からすると、通常ではあり得ない事態。この種の犯罪で、所轄警察署が入手した逮捕状につき、警視庁本部刑事部長がその逮捕状の執行をストップすることは通常絶対にあり得ない裁判官の判断は何だったのか
  • 私は、珍しく怒りを抑えきれない。中村刑事部長(当時)に問い質したい。
  • 逮捕状の執行を阻止した説明を納得のいく形でしない限り、私は中村刑事部長(当時)を許せない。これまで多くの人が、何にも代え難い法治主義を守るため、我が国の刑事司法の適正に向けて努力してきたのに、警察内部からその適正を崩壊させることは絶対に容認できない

(ttps://m.facebook.com/masaru.wakasa.9/posts/1305133279606990 若狭 勝 Facebook 2017/6/9)

 

フェイスブックのコメント

半田明義 2時間前
多くの政治家が沈黙する中で、こうした所見を述べられることに敬意を表します。
日本のメデイアは情けない

児玉 明謙 1時間前
日本の警察行政の歴史に残る汚点ですね。私も法曹の端くれとして許せません。

(ttps://m.facebook.com/masaru.wakasa.9/posts/1305133279606990 若狭 勝 Facebook 2017/6/9)

posted at 2017年06月10日 04:17 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。