【時事放談】村上誠一郎と片山善博がそれぞれ問題発言www 「共謀罪に疑問」

村上「共謀罪に疑問」 片山「今の自民党は中国共産党のようだ」

村上誠一郎「本来、刑法は実行行為をどう処罰するか。その為に、構成要件に該当して違法有責な行為が犯罪。たった2週間で終わるオリンピックの為に、今までの刑法の原則を曲げていいか、内面に立ち入れるかどうか、大きな問題がある。残念ながら、国会議員も大臣も本当に問題点を把握しているのか疑問。277の犯罪に絞ったというが、準備罪とか未遂とかいろいろあるとしたら、277まで広げることが権力の暴走の阻止のために、きちっと明確になっているかというのが、答弁を聞いていても私もハッキリしない様な気がします」(←この記事で見たように村上誠一郎は衆議院で賛成に投票したのにwww 思わず仰け反った

(ttps://youtu.be/XrwF0unXjCc?t=1579 <時事放談>村上誠一郎+片山善博「緊迫加計問題、迫る首都決戦」 2017/06/11)

片山善博「自由民主党は、昔派閥の弊害も言われたが、ウイングが広かった。左翼的な政党に近い考えを持っている人もいたし、ナショナリストもいた。多様な意見を代弁できる政党だった。従って、議論が闊達だった。対立が噴出することもあったが、最後はなんとなく収まった。今、外から見ていると表面上は一枚岩。本当は中は全然違うようだが、表面上はあんまり言わない。見てると、(自民党は)なんとなく中国共産党のような印象を与えますよね。ちょっと不平を言うと公認から外される。こんなことでは、自由かつ民主の政党を名乗るにはちょっと程遠いのではないかな。危惧してます」(←こっちの発言はよくぞ言ってくれたという感じ。中国が日本を追い抜いたのをみて、中国のような自由のない民主的でない体制にしたいと思っているような節がある

(ttps://youtu.be/XrwF0unXjCc?t=1798 <時事放談>村上誠一郎+片山善博「緊迫加計問題、迫る首都決戦」 2017/06/11)

posted at 2017年06月11日 14:41 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。