今井尚哉と和泉洋人、省庁全体を調整できる才能を持った数少ない人材

内情をよく知る人物から今井秘書官と和泉首相補佐官の名前が出た

前川氏「森友問題も加計問題も地方と国が同時に関わり、国の中でも複数の省庁にまたがる案件。そういった多くのプレーヤーをうまく組み合わせて全体を調整する司令塔がいないと、うまくいかない。役所のどこを押せばどう動くかということを熟知した人間がいなければなりませんし、そういう才能を持った人なんて、そう多くはいません。官邸の中でも、私には今井尚哉首相秘書官(叔父は安倍首相と近い今井敬経団連名誉会長)、和泉首相補佐官くらいしか思い当たりません」

(ttps://dot.asahi.com/wa/2017061200060.html 前川氏が激白「加計、森友問題では共通の司令塔が存在 菅官房長官への刑事告訴も検討」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 2017/6/13)

今井尚哉(いまい たかや)は「官邸のラスプーチン」「ヤバすぎる権力」「東芝を潰した戦犯」とか悪い文脈で語られていたが、才能があると良い意味で語られたのを初めて見た。そして、その同列に和泉洋人の名前が浮上した。和泉洋人のwikiを見ても、安部首相の親戚というようなことが書かれてないので、和泉洋人(いずみ ひろと)は本当に才能があるのかもしれない。

 

妹の長女が語る前川喜平の人物像

  • こんにちは、長女・文子です。母には1歳年上の兄がいます。名前は「キヘイ」。
  • 私の祖父・中曽根康弘も政治家になる前は官僚でした。公務員試験を受け、成績が6番。キヘイおじはもっと上位で合格しました
  • 祖母はおじに『勉強しなさい』と一度も言った事がなかったそうです。法学部ながら理系に強く、高校のあだ名は「物理のキヘイ」で、ずっと理V(東大医学部)受験クラスにいました。要するに「秀才クン」だったらしい。
  • 約30年間、殆ど朝4〜5時に帰宅し、仮眠又は着替えるだけで又出勤。早ければ夜中1〜2時に帰宅できることもあるとか。
  • 原因不明の高熱が続き、2週間の緊急入院。 キヘイおじだけではなく、おじの周りにはおじと同じように死ぬほど日夜働いている役人が大勢いるそうです。先日も、中国大使に任命された直後の外務省の方が突然路上で倒れ亡くなられました。

(ttp://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08-1 キヘイおじ入院 〜前編〜:中曽根弘文ファミリーブログ:So-netブログ
ttp://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/2012-10-15 キヘイおじ入院 〜後編〜:中曽根弘文ファミリーブログ:So-netブログ 2012-10-15)

posted at 2017年06月14日 04:45 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。