運転中に携帯を使ったら罰金、スマホを注視したら罰金

道路交通法第71条五の五

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

(ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html#1000000000004000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000  道路交通法)

自動車の運転中に、携帯電話を手に持って通話したら違反。スマホ画面の画像を注視したら違反。

 

■携帯電話使用等(交通の危険)違反
反則金-9,000円、点数-2点

■携帯電話使用等(保持)違反
反則金-6,000円、点数-1点

(ttp://www.car-hokengd.com/koutu-jiko/mobile-drive/ 携帯電話(スマホ)を運転中に使用した場合の罰金や交通違反点数 | 自動車保険ガイド)

罰金を取られる。

 

スマホを「注視」しなくても切符を切ろうとする警察官に注意

(ttp://miurayoshitaka.hatenablog.com/entry/2017/06/13/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%92%E3%80%8C%E6%B3%A8%E8%A6%96%E3%80%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82%E5%88%87%E7%AC%A6%E3%82%92%E5%88%87%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%A8 スマホを「注視」しなくても切符を切ろうとする警察官に注意 - 弁護士三浦義隆のブログ  2017-06-13 )

警官に「スマホは赤信号で停止中に使ってただけ」「停止した時にみようと思って手に持ってただけで注視してない」と返した弁護士。警官「今回は注意のみで済ませます」に対しては「違反でもないし危険でもないから注意される理由もない。違反してない人にサインさせちゃってるということでは?」と警官を追求。

posted at 2017年06月16日 14:30 | Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。