公明党に政策売買の疑惑 8700万円(推定)の広告

公明新聞に広告190回 豊洲受注ゼネコン14社 8700万円(推定)“事実上献金”

  • 東京都築地市場の豊洲移転計画が大問題になるなか公明党の機関紙「公明新聞」が、豊洲新市場(江東区、東京ガス豊洲工場跡地)の工事を受注したゼネコン14社から、市場施設建設工事が始まった2014年以降の3年半だけでも計190回余の広告を掲載し、推定8732万円の広告料収入をえていたことが17日、本紙の調べで明らかになりました。
  • 豊洲新市場工事の入札をめぐっては、大手ゼネコンの談合疑惑情報が飛び交いましたが、都は問題がないとして入札を強行。3件の施設建設工事では、ゼネコンの要求を受け入れて都が予定価格を407億円(約65%)も増やし入札を実施。落札率(予定価格に占める落札額の比率)は3件とも99・9%を超え、官製談合疑惑が深まりました
  • 築地市場の豊洲移転問題をめぐる都議会の調査特別委員会では、日本共産党都議団が工事受注ゼネコンの役員の証人尋問を提案しましたが、自民党、公明党が反対し、実現しませんでした。

(ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-18/2017061815_01_1.html 公明新聞に広告190回/豊洲受注ゼネコン14社/8700万円(推定)“事実上献金” 2017/06/18)

 

【続報】豊洲市場受注ゼネコン 自民党に1億1300万円献金

  • すさまじい利権政治だ。。
  • 自民党に2015年の1年間だけで1億を超す献金をしていたことが17日、わかった。

(ttps://twitter.com/yonekura_haruna/status/876221035644727296 米倉春奈さんのツイート 2017/06/18)

posted at 2017年06月18日 17:30 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。