南スーダンから帰国したばかりの自衛官が自殺

南スーダン派遣隊員自殺 4月帰国 岩手の施設科所属

  • 南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣されていた陸上自衛隊第9師団(青森市)所属の隊員が帰国後、自殺していたことが16日、防衛省への取材で分かりました。南スーダンPKO派遣隊員の自殺が明らかにされたのは初めてです。
  • 自殺したのは岩手駐屯地(岩手県滝沢市)の男性施設科隊員。
  • 防衛省陸上幕僚監部によれば5月6日、静岡県富士宮市で死亡が確認されたといいます。

(ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-17/2017061701_04_1.html 南スーダン派遣隊員自殺/4月帰国 岩手の施設科所属 2017/06/18)

posted at 2017年06月18日 17:40 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。