JRの委託社員、20分遅刻して謝罪ニュース

駅員の体調不良で営業開始遅れ

  • 18日朝、JR奥羽線のさくらんぼ東根駅で、駅員が体調不良のために定められた時刻になっても窓口に現れず、営業開始が20分遅れました。
  • さくらんぼ東根駅で泊まり勤務を委託していた会社の男性社員に、頭痛やはきけなどの症状が出た。このため、男性社員は営業開始時刻の午前5時50分に間に合わず、20分後の6時10分になって、ようやく窓口に到着し、営業を始めました。(←駅内の宿泊施設で泊まっていたので、駅には到着していたが、体調不良で寝坊したために駅の窓口への到着が遅れたということか。委託ということは、体調管理や代替要員といった責任をJR本体が負わなくてよいとみた。ニュースになる程の責任を低賃金で負わされるJR関連企業がブラックである
  • 改札口にはゲートはなく、JRが防犯カメラを確認したところ、およそ30人が駅員がいないまま改札を通っていました。また、3人は改札口で営業開始を待っていたということです。(←ネズミ捕りのように、隠れて違反者を取り締まろうとしている可能性もあるが、その場合は職員が遅刻したと思ったと言い訳すれば済む。こういうニュースの知識があることが庶民の武器になる

(ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6024372141.html 駅員の体調不良で営業開始遅れ|NHK 山形県のニュース 2017/06/18)

 

2ちゃんねるの反応

137 :名無しさん@1周年 :2017/06/19(月) 06:23:06.36 ID:PGX2f2y10
起床報告に問題があったかもな
その際体調の有無も報告できる

区域の管理職が営業開始時刻のだいたい40分前
当直の駅員に電話で寝坊防止も含めて
起こしたりするわけだが

そのときに大丈夫ですと言った後
容態が急変して駅を開けるどころではなくなったと見る

211 :名無しさん@1周年 :2017/06/19(月) 10:06:56.92 ID:suoaGmVj0
責任が求められる職場でも委託やら派遣やらが当たり前になってて
本当に人材を育てるという認識が大企業を筆頭になくなってるわ

212 :名無しさん@1周年 :2017/06/19(月) 10:07:58.83 ID:HBYcZO+w0
ローカル線なら電車が20分くらい遅れるのは日常茶判事

(ttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497808307/ 【鉄】JR駅で泊まり勤務を委託していた会社の男性社員に頭痛や吐き気などの症状が出、営業開始時刻に間に合わず20分後ようやく窓口に到着)

posted at 2017年06月19日 07:47 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。