北朝鮮の脅威を煽る政府、北ミサイル避難方法をテレビCM

「物陰に身を隠す」北ミサイル避難方法をCMで

  • 北朝鮮情勢の緊迫化を踏まえ、政府が弾道ミサイルが発射された際の避難方法を紹介する初めてのテレビCMを、23日から放映する。

(ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/20170621-OYT1T50030.html 「物陰に身を隠す」北ミサイル避難方法をCMで : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2017年06月21日)

政府がこんなCMを流すのは、北朝鮮の脅威を煽って安倍政権の支持率を高めさせる目的だとしか思えない。

この無能政府は北朝鮮の脅威を取り除くための平和外交をできないのか? 小泉純一郎は北朝鮮を訪問して外交交渉を行った。平和外交をできない安倍政権は今すぐにでも総辞職すべきである。

2017/5/17に高浜原発4号機、2017/6/6に高浜原発3号機を再稼働させたが、北朝鮮が脅威であるならば、どうして北朝鮮に面した日本海沿岸で原発を再稼働させるのだろう?

地震の避難方法を広く知らせるのは分かる。地震の発生も日時も人間がコントロールすることはできないが、北朝鮮のミサイルは人間がコントロールすることができる。日時はミサイルを打つ前に宣戦布告するように合意しておけば良い。

ミサイルの避難方法を広く知らせる前に、政府は戦争が起きないためにどのような努力をしたのかが問われる。安倍晋三が何もしていないことは、小泉純一郎と比べれば明らかである。

 

はてブのコメント

edo04 市民に「外敵」がいると言う幻想を植え付け、報道機関に広告料を支払うと言う一石二鳥の名案か?

(ttp://b.hatena.ne.jp/entry/www.yomiuri.co.jp/politics/20170621-OYT1T50030.html はてなブックマーク - 「物陰に身を隠す」北ミサイル避難方法をCMで : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2017/06/21)

 

2ちゃんねるの反応

152 :名無しさん@1周年 :2017/06/21(水) 10:58:13.90 ID:L4ZjLaAI0
建物を吹き飛ばす破壊力を持つミサイル飛んで来るのに建物の陰に隠れろとかアホ
諦めろと言ってんのと同じ
ミサイル耐性のある防空壕作るとか避難の前にまずは安全な場所の確保だろ
政府はバカとしか思えない

461 :名無しさん@1周年 :2017/06/21(水) 12:16:32.11 ID:vheSoAok0
海外の報道見てみろよ、温度差が酷いわ
海外は日本みたいに空爆だのミサイルだのって戦争前夜みたいな大騒ぎしてない
なんか日本だけ女みたいなヒステリー起こしている状態

(ttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498009453/ 【政府】「物陰に身を隠す」「地面に伏せて頭を守る」 北朝鮮ミサイル避難方法をCMで放映 23日から★2)

19 :名無しさん@1周年 :2017/06/21(水) 12:46:41.01 ID:ThtlYGCp0
クソみたいなCM流すんじゃねーよ
戦争にならないようにするのが国の仕事だろ

(ttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498016660/ 【政府】「物陰に身を隠す」「地面に伏せて頭を守る」 北朝鮮ミサイル避難方法をCMで放映 23日から★4 )

666 :名無しさん@1周年 :2017/06/21(水) 20:12:08.24 ID:m3d7o+Wb0
このCMのどこが国民の役に立つんだよwwww
よほどのバカ以外、言われなくてもこのくらいのことはするぞ

(ttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498034256/ 【政府】「物陰に身を隠す」「地面に伏せて頭を守る」 北朝鮮ミサイル避難方法をCMで放映 23日から★6)

posted at 2017年06月22日 08:34 | Comment(2) | 政治
この記事へのコメント
何を考えているんだが…、ほんと、こまったものですね
Posted by Powanko at 2017年06月24日 07:29
日本と海外では核シェルターの普及率が違いますね。
常日頃から備えているか、急に慌てだすかの違いでしょうか。
CMするくらいなら公共の核シェルター造ってほしいです。
Posted by at 2017年06月24日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。