このカテゴリの記事一覧(このページのみ)です。

Path of Exileの紹介

どういうゲーム?

いわゆるハクスラ。武器や呪文で敵を倒していくオンラインゲーム。強い敵が出て死ぬことが多々あり油断できない。

英語力がないと深く楽しめないゲーム。単純にプレイするだけなら英語力がなくても可能だが、ネットの情報を読む時などに必須。日本語になってる情報もあるが、英語の情報源をあたるほうが質量ともに断然良い。

ネトゲだが基本的にソロで進めるゲーム。序盤、中盤とソロで順調に進む。オンライン要素が出てくるのは、トレードの時やエンドコンテンツのマップでパーティーを組む時くらい。

他の特徴としては、どのようにスキルを振っていくかやどのスキルジェムを使うかなど、ビルドの幅が広いこと、それにレアドロップを探す楽しみがある。

課金が必要かについては、アイテム収集をしなければ課金なしで遊べる。ドロップ品を収集して商品を売ったりするなら15$のStash Tab Bundle(倉庫x6追加)を買うといい。一回の購入でambush、invasion、standard、hardcoreすべてのリーグに倉庫が追加される。15$でこれだけ遊べるのはとても安価。支援したい人が買うサポーターパックというのが販売されていて、支援者の寄付で運営しているようなところがある。

ここから先はネタバレを含むので、見たくない人はご注意を。何も知らないところから始めて、試行錯誤するところにこのゲームの楽しみがあるので。

 

プレイ歴

1ヶ月ちょっと。

最初のキャラはMarauderを選んだ。単純に戦士職だから最初のキャラ向きかなと考えた。何の事前情報もなしで始めた。

スキルポイントの振り方が、今から考えると無茶苦茶だった。どのビルドガイド見てもライフノードを順に取って行っているのに、火力上げるノードを取ってた。それにSTR/INT/DEXの意味が分かっておらず、価値の小さい+10のを順に取ってた。

2週目くらいから戦闘が苦しくなっていった。偶然拾ったConversion Trapスキルを使って敵同士を戦わせ、残った1人を倒すというとても時間がかかる戦法をとるようになっていた。

結果分かったことは、どのようにスキルポイントを振っていくかが非常に重要だということ。ネット上にはビルドガイドがたくさん書かれていて、それを読むことが重要だということ。

BANDIT'S REWARDといってクエストの報酬でHPが増えるの(Oak Normal)やスキルポイントが1増えるの(Kill All)などからどれを選択するかもビルドの一部だということ。

参考までにSTR/INT/DEXの意味は次の通り。10ポイント上昇する毎に

    STR:+5 Life、+2% melee physical damage
    DEX:+20 Accuracy、+2% evasion
    INT:+5 Mana、+2% energy shield

だけ上昇する。他には装備の要求値になってることや、スキルジェムの要求値になってることが挙げられる。例えば、Bear Trapを使っていくなら最大レベル20でDEX151を要求していることがwikiを見れば分かる。STR/INT/DEXは最終的に要求される分だけを効率的に取っておけばいい。

 

2キャラ目は[Newbie Friendly] GROUNDSLAMMER BUILDにすることにした。説明がいっぱいでとても勉強になる。Newbie Friendlyのタグの通り初心者が簡単にできる。スキルポイントの最終形しか載せてない上級者向けガイドではなくて、どのスキルノードを順番に取っていけばいいか書いてあるのもいい。

このビルドを簡単に説明すると、Resolute Techniqueを取って攻撃が必中になる。Blood Magicを取ってマナ管理が不要になる。とにかくSTRだけを考えていて単純で分かりやすいが、DEXやINTが要求されることができないことが欠点。他にはとにかくライフノードを取っている。

このビルドをやって分かったことは、序盤に火力上げるノードやアーマー上げるノードを取らなくていいということ。序盤、中盤はとにかくライフがOP。

このビルドで辛かったのは、3週目ドミナスを倒すのがゾンビアタックになったことと、Brutusの倒し方を知らなかったことくらい。参考までに、Brutusの倒し方としては、レベルを上げたFire TrapもしくはBear Trapを踏ませる戦法、Brutusがトーテムを攻撃する一瞬の隙を狙う戦法、横移動してBrutusの攻撃をかわしながらBrutusが攻撃した一瞬の隙に攻撃する戦法が考えられる。また、Enfeebleが効くのでかけたら殴り合えるかもしれない。

このビルドはエンドコンテンツ用じゃないということなので、次はエンドコンテンツを回せるビルドを探した。

 

3キャラ目(現キャラ)はPewPewPews official Starter-Friendly LW/Incinerate Build | Solo the game for 1 exalt!にすることにした。前キャラで5リンクに挑戦して破産していたので、5リンク以上の装備を要求していないこと。Starter-Friendlyタグの通り、初心者向きなこと。エンドコンテンツのマップを回せること。INTを要求するItem Rarityスキルを使ってドロップ狙いができること。マップ毎に難易度と説明が記されていることがいい。

このビルドを簡単に説明すると、Infernal Mantleというユニークで高いEnergy Shieldを得て、Eldritch Batteryで高いEnergy Shieldを高いManaに変換し、Mind over MatterでManaがいっぱいある限り30%のダメージ減少を得られるというもの。さらにこのユニークは25% of Fire Damage Converted to Chaos Damageのオプションが付いていて、高い火抵抗を持っている敵にダメージを与えられるようになる。 このユニークは100% increased Spell Damage taken when on Low Manaという欠点付きなことも触れておく。Unweavering StanceでIncinerateが中断されることがなくなる。Incinerateは低ダメージを連写するスキルなのでArctic Armorで反射ダメージに対抗できる。ユニークの特性をうまくビルドに組み入れていると感心する。

このキャラで一番辛かったところはInfernal Mantleのソケットに色を付けるところだった。4リンクのうち3つに青以外の指定色を付けるだけなのに、高い数値のINT装備のソケットに付く色は青ばっかり。手持ちのChromatic Orbがすべてなくなり、その後もChromatic Orb集めに長い時間を費やすことになった。

このビルドはとっても強いのだが、78マップにパーティー参加したりtwitch配信を見たりしてるとさらに上がいることが分かる。3キャラ作った私の資産でも全然足りない高価格ユニークを使ったビルドだ。そこまでやるにはさらに膨大な時間がかかりそうなので、ここ辺りが引退の潮時かと思っている。

 

トレード

このゲームはトレードがとても特徴的だ。ゲーム内に商品を展示し続ける機能がなく、個人間でアイテムをトレードするしかない。

ゲーム外にあるトレード用ウェブサイトとして http://poe.xyz.is/ がある。This site is fan-made and not affiliated with Grinding Gear Games in any way(ファンが作った。アフィリエートはしていない。)と書いてある。上級プレイヤーのほぼ全員が使っているだろうから準公式のトレード機能と言っていい。

一度商品を展示してみれば分かるが、Ambushで商品を売りたい場合、公式フォーラムの「Ambush Trading - Shops」の下にスレッドを作って売りたい商品と値段を書いておけば、自動的にpoe.xyz.isが吸い上げて検索対象になる仕組み。ログインして左上のキャラクターをクリックすると、倉庫内にある自分のアイテムを選択できる。poe.xyz.isに商品を登録するのにアイテム名やmodを手打ちする必要が全くない。

商品を買う側としてもpoe.xyz.isはとても便利だ。誰かが展示している商品を買うことにより、自力でドロップを狙わなくて済む。このトレードサイトを有効利用することでゲームの攻略がとても楽になる。

poe.xyz.isを初めて使う人は、オンラインの人だけを検索対象にするOnline onlyのトグルボタン、値段が付いている商品だけを検索対象にするBuyout onlyのトグルボタンから使いはじめてみてればいい。検索結果の中にあるonline IGN: xxx(IGNはIn Game Nameの意味)の人にゲーム内で直接チャットして商品を売ってもらうことになる。個人間で英語でチャットすることになるので、英語力がないときつい。私がよく使う台詞は「@xxx can i buy yyy for zzz chaos?」。話しかける前に検索結果のverifyボタンを押して売れ残っているか確認しておこう。OKならパーティーを組んで両者がact 1 normal(a1n)の初期街に移動してトレードする流れ。トレードを初めてする人は、相手の商品をマウスオーバーして商品を確認しないとacceptボタンを押せないことに注意しておこう。

 

 

ベンダーレシピ

ある商品を街にいるNPCに売ると代わりに商品が貰えることがある。それがベンダーレシピだ。http://pathofexile.gamepedia.com/Vendor_recipe に全種類が書いてあると思うのだが、必要そうなのだけを抜き出してみた。

  • FlaskのQualityを合計40%以上にする → Glassblower's Bauble
  • Skill GemのQualityを合計40%以上にする → Gemcutter's Prism
  • 赤、緑、青のソケットがリンクしたアイテム → Chromatic Orb
  • 6つのソケットがあるアイテム → Jeweller's Orb
  • アイテムレベル60以上の両手武器(片手武器と盾、片手武器x2でも可)、ヘルメット、ボディアーマー、手袋、靴、ベルト、首飾り、指輪x2で全てunidentified → Chaos Orb x 2
    (1つでもidentifiedだったらChaos Orb x 1になる。レア装備狙いで鑑定してからChaos x 1にするのもよく使う。)
  • 上のレシピでアイテムレベル75以上にしたもの → Regal Orb x 2
  • スキルジェム + Orb of Scouring x 1 →  レベルが1下がったスキルジェム
  • レベル20のスキルジェム + Gemcutter's Prism x 1 → 20%Qualityでレベル1のスキルジェム
  • 同じマップ x 3 → 1レベル上のマップ

アルケミーは終盤余り気味になるのでアルケミーのレシピは使わなくていい。Armourer's ScrapとBlacksmith's Whetstoneも終盤余り気味になるのでこのレシピも使わなくていい。

 

マクロ

上の動画で紹介されているやり方。

使い方はAutoHotkeyをインストールし、次に http://pastebin.com/9YhdysdU にあるスクリプトを修正してAutoHotkeyで動かすだけ。

スクリプトの修正箇所は自分の好きなキーに割り当てる所。FastLogOutでクリックするログアウトボタンの座標を自分の画面の大きさに合わせて修正する所。/remainingのチャットコマンドを打つマクロを自分で追加する所。

このマクロの便利なところは、アイテムレベルの確認(/itemlevel)が捗ること、Desyncが起きたときに再同期(/oos)することが捗ること、モンスターの残り数の確認(/remaining)が捗ること、死にそうな時にすばやくログアウトすることが捗ること。

 

 

アーマー

このゲームにおいてアーマーが特殊なんだということを知っておいた方がいい。wikiのArmourを見ると計算式が載ってる。

Damage Reduction Factor = Armour / ( Armour + (12 * Damage) )

アーマーを考えずライフだけを伸ばしていったら順調に終盤まで行ける、ということが経験的に分かっている。攻撃力が強い敵を倒すときにアーマーを伸ばすだけではなく、盾のブロック率も効いてくると思う。Graniteフラスコで一時的にアーマーを3000上げる戦法がとても有効。筆者のアーマーが低めかもしれないキャラは、Quality20%のGraniteフラスコを2つ持たせ、Increased Flask Durationのmodでさらに持続時間を少しだけ延ばしている。

 

その他ツール

Procurement : Stash内にあるアイテムを検索するのに便利。他にも機能があるが使えそうに思ったのはそれだけ。

POESKillTree : パッシブポイントを振った時に合計どれくらいのポイント(STR/DEX/INTの合計、Spell Damageの合計など)があるかを調べるのに便利。他に、どのようにパッシブを振ったかを他の人に見せたいときに使える。

 

パーティー

Sキーを押してPublic Partiesのところが募集してるパーティ一覧。入力欄に文字を打ち込むとパーティーを絞り込むことができる。joinボタンを押すと参加できる。

ワールドマップでエリアをCtrlキーを押しながらクリックすると複数のインスタンスのどれに入るか選択できる。パーティーメンバーがどこにいるか探す時に役立つ技。Ctrlキーを押さずに普通にクリックした先にパーティーメンバーがいることが多いと思う。

Sキーを押してCreate Partyのところでパーティーを作成できる。Item Allocation ModeがデフォルトでShort Allocation(SA)になってるが、ドロップしたアイテムが短時間後に誰でも拾える状態になってしまうので、Permanent Allocation(PA)に変えておこう。PAにするとランダムに分配されたドロップが誰でも拾える状態にならないので、メンバー間でアイテムの取り合いにならなくていい。PAにしていないのは変え忘れた時くらい。

メンバーが1人増えるごとに、10%のitem quantityと40%のitem rarityボーナスがパーティーに付く。(GemとCurrencyについては50%のitem quantityと0%のitem rarityボーナス)。item rarityが増えるのはラストヒットを行ったプレイヤーからのみ。

パーティーに入るとソロに比べてレベルアップの効率がとても良い。

パーティーメンバーと同じエリアにいるだけでは経験値ボーナスは貰えない。メンバーの近く(約2画面の距離)に居ないといけない。自分が作ったパーティーでメンバーがバラバラになってるときは近くに固まってないと蹴るぞ(stick together or kick)くらいは言っておこう。

パーティーを使う主な機会はエンドコンテンツのマップを回すときくらい。

 

クラフトの豆知識

@Jeweller's Orbsを使えばソケット数を変更することができるが、ソケット最大数はアイテムレベルで決まっている。

アイテムLV1〜         2穴
アイテムLV15〜        3穴
アイテムLV28〜        4穴
アイテムLV35〜        5穴
アイテムLV50〜        6穴

なので、アイテムレベル30のアイテムにいくらJeweller's Orbsつぎ込んでも5穴以上になることはない

A白色の6Sを見つけた時にすること。Qualityを20%にまで上げる。Orbs of Fusingを使って5L以上にする(6回でできる?)。Orb of Alchemyでレア化する。Chaos Orbを使っていいmodが出るまで頑張る。筆者は試したことない。

B3L以上の時にQualityを5%に上げれば次にOrbs of Fusingを使った時にリンクが増える可能性が上がるらしい。筆者は試したことない。

C5Lは100単位、6Lは1000単位でOrbs of Fusingが要るらしい。

D6Sは200から300(多くても500)のJeweller's Orbsが要るらしい。

EYour Crafting Resource GuideのMods Compendiumにある表データが役に立ちそう。例えば、Cast speed 20%以上のWandのドロップを狙うにはアイテムレベル72以上が必要ということが分かる。Implicit ModにItem Rarity 40%以上を付ける(Dragon's Prefixとof Excavation Suffixのダブル)にはアイテムレベル75以上が必要ということが分かる。またDivine Orbを使った時に変化しうる値の範囲が分かる。Modの数値を高くするには、アイテムレベルが高いほど良い。

 

マップ日誌

避けてたマップにソロで挑戦してみる。マップのMODはボスを倒せるくらいにIQ上げた程度。

T68 Museum Mapのボス :カオス抵抗65%の装備で行った。これだけあればカオス抵抗は十分。敵が多数で光攻撃してくるのとか物理攻撃してくるのとかスロー攻撃してくるのとかカオスダメージの攻撃をしてくるのが混ざっている。カオス抵抗だけを上げても他が低ければきつそう。最後に残ったカオスダメージの敵に殴られてみたが15秒くらいじっとしていないと殺られる心配なし。

T72 Jungle Valley Mapのボス : 蜘蛛がいっぱい出てくるボス。カオス抵抗65%の装備で行った。MOMでマナがすぐになくなった。真ん中に行ったら敵が大量に沸き始めるので端に移動してGRANITEフラスコとマナフラスコを使い続ける。カオス抵抗65%だとAMETHYSTフラスコを使う必要がなく、物理攻撃の方が痛かった。敵の数が多いのでフラスコの補充がとてもはやい。GRANITEフラスコを切らさなければ楽勝。

T76 Crematorium Mapのボス : 火の雨を降らしてくるボス。pewpewガイドだと難易度高だったので火抵抗83%+RUBYフラスコx2の準備をしていったが、フラスコを使わなくても楽に倒せた。(しかしその後、Max Resiマイナス、Two Unique Bossのパーティーに行ったら瞬殺された)

T78 Palace Mapのボス:ドミナスをソロで倒すのが1つの目標だった。第一形態はSAFFEL、第二形態はLIONEYEを装備。第一形態はChilling Bond に囲まれて1度焦ったくらい、第二形態はMOMのマナがなくなって困ったのとSceptre of Godの時より硬くて時間がかかったくらい。余裕があったのでIR装備に変えてCullingしたが、ユニークはなし。ドミランの時のようにMODの数値がいい装備がドロップするかもしれない。

T74 Residence Mapのボス:Lightning抵抗87%でHP最大だから大丈夫と油断していたらTouch of God一撃でやられてしまった。Topaz飲んでたら無事だったかもしれない。Touch of Godだけ避ければ倒せる。Palaceのドミナスより強いかもしれない。

T72 Torture Chamber mapのボス:倒し方を知ってれば楽勝。Lightning Totemは無視して、ボスのビームを誘って柱に隠れ、その後ビームが来ない20秒間の間にボスを攻撃するのを繰り返すだけ。レベルアップ直後で油断してたのかBoxの毒ガス(カオス抵抗なし)で一死、ボス部屋で待ち構えていたRogueのAsh Lessardで一死してしまった。

次はパーティーで挑戦。

T79 Vaal Temple Mapのボス: Elemental Equilibriumのmodが付いてて役に立たないので遠巻きに見てるだけ。前回、カオス抵抗なしで行ったら毒ガスのようなので気づいたら死んでたのでカオス抵抗65%の装備でいった。毒ガスは無事逃げれるようになったが、逃げまわってるだけなのに一瞬にしてHP半分以上持ってかれる別の攻撃が酷かった。このボス無理。

 

レース日誌

レースは定期的に開催されるイベントで、12分から1ヶ月までの制限時間内にどこまで行けるかを景品をかけて競い合うレベル上げ競争。シーズン8では、6月7日から7月20日までの間(NZT)に190のレースが開催される。一回死んだらレベル上げはそこまでで、また新たなキャラクターを作ってやり直すことはできるが残された制限時間は短くなっている。Scionはドミナスを倒さなくてもレースでは最初から使えるようになっていると思う。普通のプレイに飽きてすることがなくなった時にレースをやればまだまだ楽しめる。

40m Descent Championsに参加。このレースはいつものエリアとは違うダンジョンを進んで街や店売りがない。動画を見つけたのがWitchだったのと上位者にWitchが多かったので、Witchで参戦。Sparkが強い。対単体でも対集団でも使える。自動追尾だからDesync にも強い。Shockステータスがダメージを90%増やすからだと思うが、Freezing Pulseよりも対単体の殲滅速度が速い。見つけた動画で対Brutusで近接してSparkを連打して短時間で倒してたのでやってみたけど、Ground Slam一発でライフががくっと減ったので、逃げLightning Trapで時間をかけてなんとか倒した。最後まで生き残って500位だった。

1 Hour Partyに参加。1分ほど遅れて参戦になった。自分がいるエリアの野良募集を探して入ったら、そのパーティーはそのうち満員になった。ソロだとBrutusに殺されたり、Merveilを倒せなかったりするが、パーティーだと楽にボスを倒せる。パーティーのレースはぐっと難易度が減って無事完走できた。慣れた人が先導してくれるので進み方を学ぶのにも役立った。

1 Hour Endless Ledgeに参加。お気に入りのWitchで参戦。最初から使えるFire TrapとIce Nova、レベル4から使えるStorm Callを使っていくスタイル。Ice Novaは最初弱いけど途中から強くなる。Storm Callは範囲攻撃だけど強力で、遠くの敵を倒すのにも近くの敵を倒すのにも使える。Quicksilverを使って少しでも速く進んでレベルを上げようとするのだが、時々大量の敵とボス級の強攻撃をしてくる敵が中に混じっていることがあり、即死ポイントの早期発見と死なないように慎重に進むことが求められる。

1 Hour BLAMT Partyに初参加。動画を1つだけ見ておいた。動画ではDuelistでやってたのでこれで作成。Duelistは攻撃速度からProjectileダメージと、弓のスキルをのばせるパッシブツリーのルートがある。BLAMT は、Blood Magic(スキル使用時にマナの代わりにライフを使う)/Lethal(モンスターのダメージが50%増加)/Ancestra(トーテムがいっぱい)l/Multiple Projectiles(モンスターのProjectileが4つ追加)/Turbo(モンスターの移動、攻撃、詠唱の速度が60%速くなる) の超絶難易度レースのこと。一番目のキャラは箱から弓が出なかったので、近接攻撃でHillockと戦うのは無理。1回か2回クリティカルを受けたら死ぬ。2番目のキャラは弓こそ出なかったものの、wandが出てこれでHillockを倒せた。街で弓を購入し、Burning Arrowを選択。Burning Arrow使うとライフが減るので、ほとんど使用しなかった。敵が多い時に少し使ったくらい。ずっとCoastでレベル上げするのかと思ったら、パーティーはマップを次へ次へと進んでいった。最後には私を含めて二人だけが残り、なんとLedgeにまで到着。もう一人がShadowでFireTrapと弓のビルドで来てたのだが、FireTrapが活躍していた。Shadowはパッシブツリーの弓ルートが少し弱めなので、弓ルートかFire Trapルートか迷う所。しかし、ちょうどレースが終わる10分前、倒した複数の敵の死体の上を通り過ぎた時、死体が爆発して即死してしまった。無念だが、初見殺しは何度も経験してるので、そういうものと割り切るしかない。Detonate Deadを使う召喚士が居ないのに死体が爆発するのがBLAMT。BLAMTでは死体の上を通ったらダメなのだ。なお、弓の戦い方は、敵の先頭集団とぶつかったら、ずっと後方に下がって小グループを倒すのを繰り返す。弓の射程が長いので、敵の姿が見えなくても攻撃して当たったかどうか音で判断して倒していく。Shiftキーを押しながらクリックでその場から移動せずに攻撃するテクニックを多用する。と、ここまで書いた後で気づいたのだが、Rengarなら最初から弓持ってて弓ルートがあり、途中からFireTrap貰えるのでRengarが良かったかもと。

結果を見るとレースの順位が付いてるので160位から760位まであった。上には上がいることが分かりやる気が起きる。完走できなかった時に高順位者のtwitch配信をみてビルドやスキルツリーやプレイ方法を見て対策を練っているが、筆者のプレイは不十分なところが多くある。また、レースの種類に応じて最適なビルドが違ってくるようで、あるレース用にビルドを編み出しても他のレース用に別のビルドを編み出す必要がある。まだレースを少ししかかじってないが、奥が深い。

 

レース Descent Champions

日本語のwikiを見てもDescentレースの攻略について詳しく書いてないので少し書いてみる。

まず、下の画像の通り、複数のルートがある。


ソース ttps://www.pathofexile.com/forum/view-thread/643151/  poe公式 forum
ttp://pathofexile.gamepedia.com/Descent:_Champions)

The Entrance Hall から The Cage までは Normal、 The Necromantic Crypt から The Glittering Cave/The Glittering Crypt までは Cruel(-20% resistence)、 The Inner Halls Level 1 から The Nexus までは Merciless(-60% resistence)、 扱いになる。

 

ボス

  • The Shrine of the Pagan God = Rukuku (Lightning攻撃してくるワープトーテム)
  • The Cage = The Brute (Ground Slamの強攻撃してくる)
  • Glittering Crypt = Hatestorm (岩石巨人がFirestormしてくる)
  • Glittering Cave = Avatar of the Tempest (Merveilが広範囲にLightning攻撃をしてくる)
  • The Nexus = General Gravicius (Firestorm、Incinerate、ダッシュ攻撃してくる)

 

Witchがおすすめ

パッシブツリーは http://www.pathofexile.com/passive-skill-tree/AAAAAgMA37CCEAelAuNJsiycVa5Eq4-mLR9tGUV-wfMOXKKjEHR_xgj0HNwnqS-deQM4G1ptFvPAVJHPJDwmPKdcSVE= 。途中のBlast Radiusを取るのもあり。

最初のジェム宝箱は、Ice NovaとSparkとStorm Call(レベル4から)を取って使っていく。敵が1、2体の時はSparkの殲滅速度が速い。敵の集団に突撃してライフが減ったらポーションで回復しながら範囲攻撃のIce Novaが強いが、敵が強いと死ぬこともあるので要注意。(レベル4から使えるFirestormを使ってみたら、とても強力で、SparkとStorm Callが不要になった。どちらの代わりとしても使える。しかも、ワンクリックして逃げる技がよくて死ににくくなるのがいい。Firestormを右クリックに指定するのがいい。Storm Callは対Rukukuにのみ使う。)

最初のユニーク宝箱は、Wandとヘルメットを取る。

The Rasping Halls のエリアの途中にある出口から The Freezing Chamber に行って、そこの最初の宝箱で Quicksilverフラスコと10%移動速度靴を手に入れる。ライフ回復フラスコx2、Quicksilverフラスコx1、マナ回復フラスコx2の構成。

The Shrine of the Pagan God の Rukuku は Storm Call で離れて倒す。Rukukuが自キャラの位置にワープしてくる際に自キャラをよく見てすぐに避けないと死亡してしまうので要注意。

The Hollow Cave(他のルートでも取れるはず)でFlameblast(レベル10から)を取って使っていく。

The CageのBruteと戦う前にレベル10にしてFlameblastを使えるようにしておく。Bruteは壁の後ろに隠れてFlameblastの詠唱を開始しライフが減ったらポーションを叩きながら近づいてきたBruteに当てるのを、3回やれば倒せる。ちなみに、BruteはSoul Eater affix持ちなので、召喚された骸骨を倒せば倒すほどBruteが強くなる。

Flameblastが使えるようになったらFlameblastを主力にして使っていく。Flameblastを使えば分かるけど低レベルOPスキル。

The Diabolic Crypt → The Ember Crypt(地面が火になってる) → The Glittering Crypt (ボスHatestorm) のルートがいい。他のルートに行くとChestが良くないのと、ボスが倒しやすいので。

The Diabolic Crypt の Tentacle Miscreations(乳丸出しで連射攻撃してくる敵) は攻撃を避けないと死ぬので要注意。

 

Invasion日誌

Invasionは一回でも死ぬとStandardリーグに落とされる高難易度リーグ。一回の死でゲームオーバーになるのはRogue系のゲームを思い出させる。

AmubushリーグでうまくいったIncinerate Witchで始めてみた。2周めのMerveilを倒した次のマップでFlicker Strike蜘蛛が飛んできて、しかも筆者のキャラの前後に交互に素早くワープしながら攻撃してきた。Incinerateがうまく当たらず、2秒もかからず撃沈。少し油断してたのもあったが、これがInvasionの出会い頭の即死かときつい洗礼を受けた。

しばらく茫然自失だったが、再度Witchで挑戦。Incinerateは足を止めて撃ちあうので危険度が高い。Fire Trapの移動攻撃とFlameblastの長距離大ダメージ攻撃を取り入れた。Fire TrapとFlameblastをうまく使えば、ボス級の相手にもライフをほとんど減らさずに戦える。最大限安全にプレイしてたつもりだった。2周めのBrutus戦までは。

Brutusと壁を挟んで対角線上に位置取ってFireTrapを置く戦法。時間はかかるけど壁をぐるぐる回ってるだけで安全に倒せる戦法のはずだった。Brutusと壁を挟んで反対側の安全な場所に居てライフ最大だったのが、気づいたらワープしてBrutusの側にいて瀕死。Desyncが起きた。ポーションを飲んで離れたが、Brutusの次の遠距離攻撃一発で沈んでしまった。瀕死になるまで0秒、次の遠距離攻撃がくるまで1秒。その前にも何度も何度もDesyncが置きてたのだがライフが少し減った程度でリカバリーできてたので安心しきっていた。

筆者の環境ではDesyncがきついのでInvasionはゲームとして成立していないと断言できる。二度とInvasionでプレイしない。

 

店売りのコツ

拾った品を未鑑定のまま売ってないだろうか?鑑定してから売ると高く売ることができる。

試しに、未鑑定でアイテムレベル70の8つの品を売った場合、 Orb of Transmutation 2つと交換にある。これを鑑定してから売ると Orb of Alteration 3つ+αと交換になる。AlterationはTransmutation16個分なので、鑑定したらなんと24倍以上高く交換できることになる。

Scroll of Wisdomは大切に拾って集めておこう。

 

取れないユニーク事件

まずは画像を見て欲しい。見たことのないユニークが落ちたのに、このユニークをいくら頑張っても取ることができなかった。

グローバルチャットで聞いてみて解決したのは、Lightning Warpでユニークが落ちている狭い隙間にワープして取るというもの。

この狭い隙間は閉鎖空間になっていて、絶対に歩いても行くことができない。こんな場所にドロップ品が出たのは、この下にあったBoxから出たアイテムが多くて積み重なったため。

posted at 2014年06月03日 17:46 | Comment(0) | フリーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

League of Legends(LOL)の紹介など

紹介

League of Legends(通称LOL)はほとんど無料で遊べる対戦型オンラインゲーム。全世界から人が来ていてプレイ人数が多く、短時間で試合を組める。新しいタイプのゲームで中毒性が高い。日本語が使える日本サーバーはないが、待望の声は多い。(が、日本サーバーができてもユーザー数が減ることでマッチの時間が大きく長引いてストレスがたまりそうだから、現状の方がいいかも)

初めてやる人へのアドバイス

Tutorialsを全部やると基本操作が分かる。次にCo-op vs. AIのClassicのBeginner、慣れたら次にIntermediateをやる。慣れたら次にPvPのClassicのSummoner’s Rift 5v5のNormal Blind Pickをやる。これが進めていく順番。

3つのレーンがあって、左から順にTop、Mid、Botと呼ぶ。初めのうちはTop2人、Mid1人、Bot2人の構成。

レベルが上がるとTop1人、Jungler1人に分かれるが、RuneやMasteriesが揃っていないとJungleできないので、Jungerのことはしばらく忘れていていい。Junglerはレーンの間の森の中立クリープを狩る人。

試合をするとXP(経験値)とIP(ゲーム内通貨その1)を獲得できる。ゲーム内の店でIPを使ってRuneやチャンピオンを買うことができる。課金するとRP(ゲーム内通貨その2)と交換できる。RPでもチャンピオンを買うことができる。

Runeはステータスが上昇するアイテムのこと。アイテムを限定数のスロットにはめ込むことで使う。Tier1のコストパフォーマンスが良いLesser Mark of Strength、Lesser Seal of Resillience、Lesser Gryph of Wardingを買って、レベル20でTier3が買えるようになったら合成してTier 3のRuneをランダムで1つ作るのがおすすめ。それで使えるRuneが作れたらラッキーだという感覚。Lv20以後はTier 3のRuneを収集する。Tier3のどのRuneを収集するかは、ttp://www.solomid.net/等のビルドの紹介サイトでチャンピオン毎におすすめのRunesやMasteriesが載ってるので参考にする。汎用的でコストパフォーマンスが良いRuneから収集していこう。

Materiesはレベルが上がるたびに増やすことができる。どれを選ぶかはビルドの紹介サイト等を参考にする。

Hud設定が保存されない不具合があるので、ここにあるようにフォルダRiot Games\League of Legends\RADS\solutions\lol_game_client_sln\releases\0.0.0.190\deploy\DATA\menu\hudを作成しておく。

ゲーム開始後にESCでオプション画面が開く。Interface>Hud Scaleの値を下げると見れる画面が広くなる。More Options>Hide Center Wallにチェックを入れるとさらに見れる画面が広くなる。More Options>Show Timestampsにチェックを入れるとチャットに発言時間が表示される。一度だけやっておくと次回から保存される。

ESCのオプション画面のKey Bindingsでキーの設定ができる。Toggle Camera LockのデフォルトキーYをTに変えておいたほうが押しやすい。Smart Cast Spell1-4をチャンピオンの特性によって適宜QWERに変える。SmartCastは1キーでスキルが発動できるようにする機能。スキル連打が早くなって戦いに非常に有利になる。

無料と課金

無料でどこまでも遊べる。課金したくなるのは、Rankedをやるようになる時。ここまで行くのに何百時間も費やしているはず。Rankedでは、相手が選んだチャンピオンに対して有利なチャンピオンを当てることにより戦いを有利にすることができる。このため、チャンピオンの数が多いほうが有利。チャンピオンには安いのから高いのまで有り、上述のIP(ゲーム内通貨その1)で高いのを買うには途方も無い時間がかかる。高いチャンピオンを揃えようとしたら時間的にまず無理なので、課金した方が断然速いということになる。毎週無料で使えるチャンピオンが交代で提示されていて、その時は高いチャンピオンを無料で使うことができる。

課金方法にPaypalというのがある。Paypalという第三者がカード情報を持っていて、LOL側にカード情報を伝えない点がすばらしい。LOL側で入力するのはPaypalに登録したメールアドレスとパスワードのみ。

破格の優勝賞金

2012年10月にLOLの世界一を決めるトーナメントSeason 2 World Championshipが開かれたが、その優勝賞金が100万ドルだから恐ろしい。5人チームによる賞金だから80円/ドルで換算すると1人当たり日本円で1600万円貰えることになる。2012年の全米オープン (ゴルフ)の優勝賞金が144万ドル、日本のゴルフだと2012年のフジサンケイクラシックの優勝賞金が2200万円なので、この大きさが分かる。なお、LOLの優勝賞金は2位になると1/4にがくっと下がる。ゴルフは2位は1/2に下がる。また、日本にはLOLがリリースされていないため日本からトーナメントへの参加はできないと思われる。また、Evolution Championship SeriesにおけるスーパーストリートファイターIV アーケードエディションの2012年の優勝書金が約200万円。

LOLが世界規模である数字を紹介すると、同時接続数のピークが300万人、ユーザー登録数が7000万、アクティブユーザー数が3200万人。ソースによると、これらの数字を上げて世界一プレイされているビデオゲームだとのこと。

ソース ttp://leaguepedia.com/wiki/Season_2_World_Championship
ttp://na.leagueoflegends.com/news/league-legends-community-infographic

 

 

ここまでが紹介で、後は個人的かつ専門的な備忘録(笑)。

 

 

ものすごく速いMaster Yi

ビルドの特徴

  • ttp://solomid.net/guides.php?g=4730 にあるビルド
  • スキルはEQQWと取って後はQEWの順
  • LanternでLS確保
  • 5靴を履いてマップを縦横無尽に駆け回る
  • Zeal4からPD4にしてものすごい速さで攻撃する。お金が余るから最後の1個をTFにすることもあり。
  • ものすごい移動速度と攻撃速度を持ったビルド

プレイ方法

  • レベルが低いうちは負けるので戦わない
  • レベルが上がってJungleをRoamできるようになるとRoamしてLaneに残った人に経験値を稼がせる(Junglerが居ない場合)
  • Ignite、Exhaust、Rが使える状態になったら戦いに勝てるかも。QでInitiateして相手と一対一の殴り合いになったら、ERで攻撃力を上げて殴りあってIgnite、Exhaustを使う。相手が逃げたらRの移動速度上昇で、相手を一方的に殴れる。
  • Jaxが通常攻撃を無効化している間の2秒間やTeemoにBlindされている間は殴り合わない。まず負ける。
  • 単騎で塔を折るときにRで攻撃速度を上げると良い
  • 防御力がないので集団戦では後から飛び込んでターゲットされないようにする
  • LanternはLSのためだけではないので、Activeで使って視界を確保する
  • 後半、マップをものすごい速度で駆けまわり、minionをものすごい速さで狩り、ものすごい速さで塔を折ることができるようになる。LOLは塔を折るゲームなので、集団に参加しないで縦横無尽にマップを駆けまわって塔を折ることでチームを勝利に導ける。

AP Teemo

ビルドの特徴

  • ttp://www.solomid.net/guides.php?g=33108 にあるビルド
  • スキルをEQWと上げて、後はEQWの順。
  • 靴POTスタート。DFG、Nashor、帽子。相手Karthusのkill数が多かったらMRを積んで、相手に苦手なADアサシンが居たらARを積んで、柔軟に防御アイテムを買う。

プレイ方法

  • QのBlind、Wの移動速度上昇、毒Dotダメージのある通常攻撃、RのShroomを組み合わせて柔軟に戦う。
  • Blindすると効果のある1.5~2.5秒の間、通常攻撃と通常攻撃扱いのスキルによるダメージを受けなくなる。通常攻撃を相手に当て、相手が向かってきたらQでBlindを入れて殴りあうと、相手の通常攻撃が当たらないので1体1の殴り合いで殴り勝ちできそう。集団戦では相手のAD系チャンピオンをBlindにすると通常攻撃を無効化できて非常に有効。
  • 殴り合いの際にRのShroomを置いて引き打ちすると、相手が追いかけてきたらShroomを踏ませて大ダメージとスローを与えられる。相手が逃げたら一方的に攻撃できる。集団戦で相手が踏みそうな位置にShroomを置くのも面白そう。
  • Wの移動速度上昇は逃げる時や追撃する時、前線に移動する時など頻繁に使う
  • AnnieにStunからUltされると瞬殺される。 AP系のチャンピオンとは相性が悪いが、AD系には強いと思われる。
  • Rが使えるようになったら本領発揮となる。可能な限りShroomを置くようにしたい。ShroomはBushや曲がり角に置く。ダメージが重複しないので、離して置く。相手がOracleを飲んだらBushのみに置く。Dragon前やBaron前に置くと、これらの争奪戦が非常に有利になる。たくさん置くにつれて、味方は視界を得れて相手の動きが分かるようになり、相手は踏んで大ダメージとスローを受けるのを恐れて移動を躊躇するようになる。
  • 毒のDoTダメがあるので、複数のminionを同時に攻撃したほうが速く狩れる。
  • 動かないとステルスになるが、ステルスになって待ち伏せし、敵がやってきたら速度上昇のPassive付きで突然攻撃する技がある。これをやると相手に警戒させることができたら、相手に単独移動を躊躇させることができる。
posted at 2012年10月03日 09:05 | Comment(0) | フリーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Arcuz 2のプレイ雑記 裏技の紹介

バッサバッサと敵を倒していくところに爽快感があってやみつきになるフラッシュ製のフリーゲーム。Hack&Slashといってディアブロと同じ系列らしい。英語だけどクエは読まずにスキップして操作方法はwikiで調べるのがいいだろう。やりこみ系につき長時間プレイに注意。

そして、攻略情報とバグ技の紹介。

  • (裏技1)Skill画面でAcceptを押すたびに装備に付加した魔法防御、倒したときHP回復、倒したときSP回復、持てる重量が増えるバグがある。Skillポイントを1だけ残しておいてAcceptを何度も押すことでいつでも魔法防御を100%以上にすることができる。
  • (裏技2)Combinationに失敗すれば装備に付与した特殊能力が全て失われてしまう。ウィンドウを2つ開いておいてセーブロードを繰り返せば、これを回避できる。
  • Trial Stoneで良装備を入手すれば攻略が容易になる。Trial Stoneをよく見るとレベルが書いてある。書かれているレベル+4以下のレベルでないと使えない。Trial StoneとBlessing stoneを合成(Combination)して出来たものをダブルクリック。最初の試練をクリアしたら、2番目のTrial Stoneがもらえ、次に3番目のTrial Stoneがもらえる。 試練はAcceptバグを使って魔法防御を上げていたら楽。そもそも魔法防御を上げてないと攻略できない。
  • ステータスの振り方は悩むところ。Luck・Strengthだけに振ってプレイしていたが、敵のアーマーを削るのが遅くて困るからAgilityに振ってみている。 Constitutionは振らなくていいと思う。 防御重視でAgilityに振るのがおすすめかもしれない。
  • スキルの振り方も悩むところ。Hurricane系列に振れるようになったら早めにMaxまで振ってBlade Stormを取ろう。敵を一掃したりボスに大ダメージを与えれる。Blade Storm中は武器の属性効果が必ず発動するため、炎武器にするとダメージが数倍になる。Englightmentは全ステータスを5つも上げるお得なスキルだから優先的に振ろう。
  • スキルポイントやステータスポイントを割り振った後や装備を変更した後に主人公のステータス(特にMagic Point, Damage, Defenseの値)がどう変わったかを見よう。こうすることでどうポイントを振れば一番有効かが分かるはず。
  • 双剣Falchionで2回目のプレイ中だが盾とFalchion装備に切り替えても攻撃力と攻撃速度がそれほど変わらない気がする。盾を装備すると防御力も上がるしブロックもできるから双剣スキル(Dual Wield)に振らずに武器スキルに振るのもいいかも。双剣だと防御が弱くAcceptバグを使わないとやってられない。かといってAcceptバグを使うと魔法攻撃に無敵になってしまうという。 真・三國無双というゲームがあるが無双状態のゲームバランスでも割りと面白い。 Acceptバグを使うなら双剣Falchionでいける。
  • 合成(Combination)はBlessing Stone1個と色のついたCrystal2個を使う。レベル1→レベル2というように順に合成していく。
  • (裏技3)1スロット分しかセーブができなくて不便。Flashのローカル記憶領域に保存されているセーブデータのバックアップを取っておけば使い回しが可能になる。Windows 7だと%APPDATA%\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects\<ランダム文字>\cache.armorgames.com\files\games\arcuz-2-12346.swf\Arcuz.sol
  • ミノタウロスが最初で最大の難関だと思われるが、Agilityに振るようにして防御力を上げアーマーを削る速度を上げておくと楽になる。Acceptバグを使って魔法防御を上げておくとさらに楽になる。

ゲーム本体 ttp://armorgames.com/play/12346/arcuz-2
wiki ttp://www39.atwiki.jp/demo/pages/46.html
フラッシュ紹介サイト ttp://blog.livedoor.jp/lkrejg/archives/65766579.html

posted at 2012年04月23日 09:02 | Comment(0) | フリーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする